買い取り金額を上げるポイントを紹介します!

>

買い取りに出すタイミング

売り時期を間違えないで

前のページでは、買い取りの際の「場所」について説明させて頂きました。
今度は買い取りの「時季」について説明させて頂きます。

「買い取り金額なんて、いつ出しても一緒でしょ」と、思われるかもしれません。
いえ、買い取り金額は「時季」によって異なる事があるのです。

大体の場合、買い取りに出される衣類というのはシーズンを終え、着る事のなくなった衣類がほとんどだと思います。
しかし、シーズンが過ぎたからといってすぐに買い取りに出すのは時期宗早です。
買い取る側は売れる商品を買い取りたいという事は、前項でも説明いたしました。
という事は、シーズンが過ぎた直後に買い取りに出すよりも、シーズン中もしくは直前が買い取り金額が高くなるのです。
例えば、夏物であれば3月~7月頃、冬物であれば9月~1月頃が買い取り金額が高くなる傾向にあります。

ブランド品は流行があります

とはいうものの、そんな「時季」に左右されないものもあります。
それが「ブランド品」です。

「ブランド品」と言われると、高価なバッグやアクセサリーなどを想像しがちですが、メーカーのスニーカーなんてものも「ブランド品」なんです。

「ブランド品」は買い取り金額が落ちづらい物も多くあり、状態によっては買った当初とほとんど変わらない金額で買い取ってもらえることもしばしばあります。
しかも、人気や希少価値によっては買った金額よりも買い取り金額の方が高くなることもあり、投資のように限定品を買い込み、時間が経った後に売りに出すことで利益を得ているような人もいるのです。

しかし、高価な「ブランド品」は保存状態や人気などでの影響によって、買い取り金額のふり幅が大きい為、見定めることが難しいという点もあります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る